毛孔性苔癬の特徴は?

二の腕のブツブツで苦しむ女性がたくさんいますが、そのブツブツは「毛孔性苔癬」という皮膚疾患の1つである場合が多いです。(読み方:もうこうせいたいせん)この皮膚疾患の特徴をいくつか紹介します。

 

症状は?

冒頭で述べたようなブツブツが生じるのが、この皮膚疾患の症状です。赤色や褐色の炎症が生じる場合もあります。そして非常に珍しいですが、軽度の痛みやかゆみに見舞われるパターンもあるようです。

 

ザラザラ、デコボコして感触が良くないですし、何より見栄えが悪くなりますが、それ以上の健康面での支障はなく、あくまで見栄えに影響するだけの場合が大半です。二の腕以外にも、太もも、お尻、背中、肩などに生じる事もあり、暑くて肌を晒したくなる夏場などには、ネックになりやすいです。

 

 

古びた角質の影響で毛孔性苔癬になる

毛孔性苔癬については、残念ながら明確な要因が判明していません。ですから当然、治療手段も定まっておりません。毛孔性苔癬には、毛穴の出口近辺の角質層が厚みを増して、開いた毛穴を古びた角質が閉塞させてしまって、毛穴の奥部にて細胞に関する異変が生じ、毛穴の近辺が膨張したりブツブツが生じたりするという流れで陥ります。

 

ですが角質が蓄積したとしても、以上のような状態になる方とならない方で分かれるので、角質だけに全ての要因があるわけではないと見られています。

 

毛孔性苔癬に陥りやすい方

まず、男女間での差異が目立ちます。女性の方が大幅に毛孔性苔癬に陥りやすいという現実があります。そして、乳児期に生じていなくても、10代半ば前後までに生じるケースが大半です。ですが、40〜50代に差し掛かったあたりで治ってくると言われています。

 

 

治療手段

繰り返しになりますが、実態を掴み切れていないので、「これさえ行えば!」という治療手段が存在しません。毛孔性苔癬をダイレクトにどうにかするというよりは、毛孔性苔癬と密接な関わりのある、角質による閉塞を防ぐという方針の治療手段がメインになっています。

 

実際、店売りの医薬品や皮膚科でも、そのような治療を受ける事になるはずです。ダーマローラーやケミカルピーリングがメインで、店売りの医薬品としては、角質を取り除く効果のあるクリーム等が出回っています。

関連ページ

毛孔性苔癬とは?できる仕組みは?
二の腕ブツブツの原因と治し方をポイントを絞り分かりやすく解説します。二の腕のブツブツはセルフケアでも十分改善することが可能です。市販で買える二の腕専用の人気おすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
毛孔性苔癬とニキビとの違い
二の腕ブツブツの原因と治し方をポイントを絞り分かりやすく解説します。二の腕のブツブツはセルフケアでも十分改善することが可能です。市販で買える二の腕専用の人気おすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
毛孔性苔癬なのかアトピーなのかの判断
二の腕ブツブツの原因と治し方をポイントを絞り分かりやすく解説します。二の腕のブツブツはセルフケアでも十分改善することが可能です。市販で買える二の腕専用の人気おすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
紫外線での毛孔性苔癬の色素沈着を防ぐために
二の腕ブツブツの原因と治し方をポイントを絞り分かりやすく解説します。二の腕のブツブツはセルフケアでも十分改善することが可能です。市販で買える二の腕専用の人気おすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
プールの水が毛孔性苔癬を治す?
二の腕ブツブツの原因と治し方をポイントを絞り分かりやすく解説します。二の腕のブツブツはセルフケアでも十分改善することが可能です。市販で買える二の腕専用の人気おすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
フラクセルレーザーで毛孔性苔癬を治す
二の腕ブツブツの原因と治し方をポイントを絞り分かりやすく解説します。二の腕のブツブツはセルフケアでも十分改善することが可能です。市販で買える二の腕専用の人気おすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。