毛孔性苔癬とニキビとの違い

ニキビは知らない人が皆無なはどに有名なものですが、このニキビとよく似た毛孔性苔癬という皮膚病が存在します。ニキビも毛孔性苔癬も、毛穴が隆起して赤くなりますし、潰すと白い栓が飛び出しますから、ごちゃごちゃにされがちです。両者の差異について説明していきます。

 

ニキビが生じる要因と対策

ニキビの要因は皮脂で毛穴が閉塞して、それをエサにしてアクネ菌が殖える事にあります。このアクネ菌は誰もが保持しているいわゆる常在菌であり、そのままでニキビなどを生じさせる事は、もちろんないのですが、その菌が殖えすぎたり、皮膚に負荷がかかり過ぎて過敏になっていたりしている場合には、皮膚にニキビのような炎症を生じさせるのです。

 

ですから、皮脂を適切にブロックして肌を常に綺麗にしておく事、皮膚の健全性キープして、免疫機能を向上させる事、主にこの2点が大切です。となると、洗顔がケアの手段として真っ先に挙がるでしょう。洗顔などを通して、皮膚のターンオーバーを安定させていって下さい。

 

 

毛孔性苔癬が生じる要因と治療手段

他方、毛孔性苔癬に関しては、まだそのメカニズムや治療手段が明確になっていない面が多々あります。ですが、ターンオーバーの狂い、肌の乾燥などは要因の内に入っていると言われています。これらのせいで、古びた角質が厚く蓄積してしまい、その影響で毛穴の中で異変が生じたり、毛穴の近辺が隆起したりするのです。

 

ですから、まずは保湿を行って乾燥を防止するのが先決です。さらに、ターンオーバーを安定させて角質が厚く蓄積しないようにする事も欠かせません。ニキビの場合のように、皮脂の排除や洗顔を必死に行い過ぎると、むしろ皮膚が乾燥して逆効果になるので気を付けましょう。

 

 

毛孔性苔癬は年齢を重ねるにつれて治る場合が大半で、ぶり返す事も無いと見られています。しかし繰り返しになりますが、確証のある治療手段が存在しないという事実もあります。ニキビと毛孔性苔癬について紹介しました。

 

両者ともに見た目が悪くはなりますが、幸いそれ以上の害はほとんど無い疾患です。さらに、両方とも年齢を重ねればひとりでに治癒するケースが多いです。ちなみに個々人で疾患のレベルに差異が出るという点も、一応共通しています。

 

まとめると、極端な話、両方放置していてもほぼ大丈夫なのですが、多感な時期に陥るケースが大半なので、誰しもある程度は予防・改善をしたくなるはずです。解説させていただいた事を振り返って、適切なケアを実行してくだされば幸いです。

 

 

>>>二の腕のブツブツの原因とは|オススメケア商品ランキング

関連ページ

毛孔性苔癬とは?できる仕組みは?
二の腕ブツブツの原因と治し方をポイントを絞り分かりやすく解説します。二の腕のブツブツはセルフケアでも十分改善することが可能です。市販で買える二の腕専用の人気おすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
毛孔性苔癬の特徴は?
二の腕ブツブツの原因と治し方をポイントを絞り分かりやすく解説します。二の腕のブツブツはセルフケアでも十分改善することが可能です。市販で買える二の腕専用の人気おすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
毛孔性苔癬なのかアトピーなのかの判断
二の腕ブツブツの原因と治し方をポイントを絞り分かりやすく解説します。二の腕のブツブツはセルフケアでも十分改善することが可能です。市販で買える二の腕専用の人気おすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
紫外線での毛孔性苔癬の色素沈着を防ぐために
二の腕ブツブツの原因と治し方をポイントを絞り分かりやすく解説します。二の腕のブツブツはセルフケアでも十分改善することが可能です。市販で買える二の腕専用の人気おすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
プールの水が毛孔性苔癬を治す?
二の腕ブツブツの原因と治し方をポイントを絞り分かりやすく解説します。二の腕のブツブツはセルフケアでも十分改善することが可能です。市販で買える二の腕専用の人気おすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
フラクセルレーザーで毛孔性苔癬を治す
二の腕ブツブツの原因と治し方をポイントを絞り分かりやすく解説します。二の腕のブツブツはセルフケアでも十分改善することが可能です。市販で買える二の腕専用の人気おすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。