フラクセルレーザーで毛孔性苔癬を治す

今回はフラクセルレーザーという毛孔性苔癬の治療法について詳しくお伝えします。レーザーをあて、肌の再生を強引に加速させる方法がフラクセルレーザーです。

 

フラクセルレーザーって?

ブツブツができた角質部分に、レーザー光線をあてる治療法がフラクセルレーザーです。別名を肌再生レーザーと言います。このレーザーによって肌が生まれ変わるためです。レーザー光線は0.1mmというとても小さいものです。

 

レーザー後の角質はかたまります。するとそのかたまりの下から細胞が新しく再生しようとします。このように肌の再生を強制的に促し、肌の傷んだ部分を修復するコラーゲンをも強制的に増やすことで、肌を美しくすることを可能としているのがこの治療法です。

 

 

フラクセルレーザーで毛孔性苔癬を治すには

レーザーをあてて肌を傷つけ、強制的に肌を再生させるということで、ダーマローラーとは比べものにならないほどの痛みが、フラクセルレーザーには伴うといいます。

 

麻酔のためのレーザー前のクリームもあまり効かず、レーザー直後は冷却と保湿はしっかり行いますが、肌の痛みは2〜3日取れないとの話もあります。痛みの次に感じるのはかゆみです。

 

痛みがなくなってから約5日後、施術部分のかさぶたが剥がれ出すためです。これには耐えなければなりません。なぜなら、肌ががんばって生まれ変わろうとしているのがかゆみとなって表れるからです。

 

そしてかさぶたがなくなり、美しいスベスベ肌が実現するのはかゆみに耐えた後。その肌の美しさにびっくりする人も少なくありません。しかし毛孔性苔癬のブツブツは1ヶ月後にはまた顔を出しはじめます。

 

そうすれば再度施術です。この繰り返しを約5回、もしくはそれ以上行い、完治を目指します。

関連ページ

毛孔性苔癬とは?できる仕組みは?
二の腕ブツブツの原因と治し方をポイントを絞り分かりやすく解説します。二の腕のブツブツはセルフケアでも十分改善することが可能です。市販で買える二の腕専用の人気おすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
毛孔性苔癬の特徴は?
二の腕ブツブツの原因と治し方をポイントを絞り分かりやすく解説します。二の腕のブツブツはセルフケアでも十分改善することが可能です。市販で買える二の腕専用の人気おすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
毛孔性苔癬とニキビとの違い
二の腕ブツブツの原因と治し方をポイントを絞り分かりやすく解説します。二の腕のブツブツはセルフケアでも十分改善することが可能です。市販で買える二の腕専用の人気おすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
毛孔性苔癬なのかアトピーなのかの判断
二の腕ブツブツの原因と治し方をポイントを絞り分かりやすく解説します。二の腕のブツブツはセルフケアでも十分改善することが可能です。市販で買える二の腕専用の人気おすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
紫外線での毛孔性苔癬の色素沈着を防ぐために
二の腕ブツブツの原因と治し方をポイントを絞り分かりやすく解説します。二の腕のブツブツはセルフケアでも十分改善することが可能です。市販で買える二の腕専用の人気おすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。
プールの水が毛孔性苔癬を治す?
二の腕ブツブツの原因と治し方をポイントを絞り分かりやすく解説します。二の腕のブツブツはセルフケアでも十分改善することが可能です。市販で買える二の腕専用の人気おすすめケア商品をランキング形式でお伝えします。