二の腕ブツブツの治し方記事一覧

夏場などは肌を出すため、二の腕のブツブツで悩む方が増えますが、解消方法を把握していれば、解決かそうでなくても和らげることはできます。二の腕のブツブツの解消方法の内、主流のものをいくつか挙げていきます。レーザー治療医療機関で行うレーザー治療は、現状一番即効性を望める手段です。即効性があるとはいえ、即日治療終了というわけにはもちろん行きませんが、それでも数度病院に通えば、大抵綺麗な皮膚になってくれます...

ニキビと混同しやすい皮膚病として毛孔性苔癬というものがあります。これにかかると背中やニキビにブツブツが生じます。角質で毛穴が閉塞してしまう事が、要因の1つとされています。毛穴を閉塞させるのは、硬化した皮脂や垢ですから、適切な方法で入浴すれば、ある程度毛孔性苔癬が改善されるかもしれません。順を追って適切な入浴手段を紹介していきます。下準備まず、ゆっくりお湯に入りましょう。こうする事で血流が良化し毛穴...

漢方は体質が要因の疾患や、まだ正体が掴みきれていない不調等の治療に関して、昔から非常に役立ってきました。民間療法のように捉えられていた時代もありましたが、今では、西洋医学とは異なるスタンスで健康と向き合っているものとして、確立した知識として評されるようになっています。実際、漢方の色々な効果を科学実験や評価で確証付ける研究が続いています。西洋医学のスタンスは「病気を治療する」というものです。一方、漢...

二の腕のブツブツは、毛穴が古びた角質で閉塞する事が要因の1つと言われています。ですからこれを解決するには、古びた角質を落とす事がそれなりに有効でしょうし、それで本当に解決できる場合もあります。ちなみに、医学界ではこのブツブツの事を毛孔性苔癬と呼んでいます。毛穴が汚れで閉塞しているせいで、毛穴の周囲が隆起してしまったり、身体の中の老廃物が、外に出にくくなったりしてしまっている状況でもあるそうです。で...

医学的には毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)、または毛孔角化症(もうこうかくかしょう)と呼ばれる二の腕のブツブツ。気付かないうちにいつの間にか発症していることも少なくありません。ザラッとした感触の膨れたブツブツは、毛穴が古い角質などで塞がった状態で、通常痛みはありません。しかし、かゆみを伴うことがあります。かゆいからといって触りすぎた場合、発症箇所の範囲が大きくなってしまう場合があるので注意しまし...

病気なわけでもなく、痛みを伴うこともないけど、腕を出す服を着る季節になると特に二の腕のブツブツが気になるという人も多いと思います。そこで今回は、「トレチレイン」、「ハイドロキノン」という二の腕のブツブツ解消に効く成分を紹介したいと思います。「トレチレイン」が肌を生まれ変わらせる「トレチレイン」とはあまり聞きなれない言葉ですが、これは、ビタミンAの普段の効果に比べて、100倍以上も有効性があるとされ...

二の腕のブツブツに悩んでノースリーブの服を着られない人もいるかもしれません。痛みを伴ったりはしないものの、やはり美しいお肌には憧れますよね。そんな二の腕のブツブツ改善に、尿素が効くと言われています。今回はその尿素についてお伝えします。二の腕のブツブツって何?新陳代謝が滞ることなどによってうまく剥がれなかった体の不要な角質が溜まると毛穴が塞がってしまうことがあります。そしてできるのが、二の腕のブツブ...

傷跡が残ってしまった肌をきれいにすると評判で、日本の他、18か国で販売されているバイオイルという商品がありますが、このバイオイルが二の腕のブツブツの解消に効果的だと言われています。今回はそのバイオイルについて見ていきましょう。そもそも二の腕のブツブツとは?医学的には毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)と呼ばれるのが、二の腕のブツブツです。これは、肌の新陳代謝の低下のために肌の再生能力が落ち、不必要な...

二の腕のブツブツが気になる時はどんな時でしょうか。シャワー後に肌のケアをする時などに気になる人も多いかもしれません。知らない間にブツブツした感触がなくなっていることもありますが、冬にそういうことが多く、そんな時は、丁寧に保湿をしている場合が多いです。夏場はクリームのベタつきが気になって冬ほど入念に保湿をしないこともあるかと思います。そんなとき、ブツブツとした感触が戻り、それがニキビのようになること...

実に70%の10代〜30代女性が、ノースリーブの服の着用を躊躇するというアンケート結果が出ています。この中の女性3名中1名が二の腕のブツブツを気にしています(その他の理由は、脇のニオイと体型を気にしてのことです)。毛穴が、不必要な角質によって塞がれて盛り上がってしまう、そして場合によっては肌荒れを起こしてしまうということが、二の腕のブツブツのできる過程なのですが、これは肌が代謝をうまく行えていない...

肌のトラブルの改善のための方法、ダーマローラーというものを聞いたことはありますか?意識的に極小の穴を肌に作って、体の中で、その穴を治癒させるための成分生成を誘発することによって、たくさんのコラーゲンを作ることが目的の、極細針でできたローラーがダーマローラーです。肌の自然治癒力を促進させ、コラーゲンを増量させて肌トラブルの改善を図るのです。二の腕のブツブツだけでなく、加齢に伴って増えるシミ、シワ、ま...

街の薬屋さんなどで手軽に買うことができる二の腕のブツブツに効く薬があります。そのような薬の効き目、またどのようなものがあり、使用法はどうなのかを、今回はお伝えしたいと思います。尿素が含まれたものが多い二の腕のブツブツは、医学的には毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)と言います。尿素がこの毛孔性苔癬に効果があるということで、病院では尿素が入った塗り薬を出します。尿素が入っているのはドラッグストアなどで...

手軽に薬局などで手に入る「フェルゼア」という塗り薬があり、これが二の腕のブツブツに効果的です。これにはレチノール誘導体が含まれていますが、配合してもいいと規定されている値である最大値20%の尿素も含有しています。この塗り薬について今回は見ていきましょう。どんな成分がフェルゼアには含まれているか使用するにあたって気になるのは含有している有効成分ですね。200mgの尿素、20mgのトコフェロール酢酸エ...

二の腕のブツブツは、できても体には害はないもの。でも見た目が気になるという人は多いですよね。この二の腕のブツブツに、「ザラプロ」という薬が効くと評判です。今は手軽に薬局などで手に入れることができるようになりましたが、前は病院でしか手に入れることができなかった薬です。肌の再生サイクルの乱れによって、残ってしまった古い角質が毛穴を塞いでいるのが二の腕のブツブツで、医学的には毛孔性苔癬(もうこうせいたい...

「ケラチナミンコーワ」という塗り薬が、二の腕のブツブツの治療に有効です。今回のテーマはこの「ケラチナミンコーワ」です。尿素が20%で入っている「ケラチナミンコーワ」尿素は配合できる率というものが決まっていて、20%という数値が最大率です。1991年にこの最大配合率で尿素を含有した「ケラチナミンコーワ」が販売開始されました。当時、病院で使用されているものといっしょの成分が使われている薬が、薬局などで...

遺伝だけでなく、肥満体質が、医学的には毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)と呼ばれる二の腕のブツブツの要因になり、さらにブツブツを促すとされています。詳しく見ていきましょう。なぜ肥満が二の腕のブツブツを促進するのかまず二の腕のブツブツの発生のメカニズムですが、余分な皮脂や不要な角質が毛穴を塞ぐことで二の腕のブツブツは発生します。時に紫外線などで茶褐色に変色してしまう場合もあるブツブツは、塞がれた毛穴...

尿素軟膏が、ドラッグストアなどで販売されており、これが二の腕のブツブツを改善します。尿素軟膏は薬の名前ではなく、10〜20%の尿素を含んだ塗り薬を指しており、ケラチナミン、ウレパール、パスタロンといったものが店頭販売されています。二の腕のブツブツは医学的には毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)と言いますが、病院でもこれを治すのに同じ軟膏が出されています。体の中にも存在している尿素軟膏に配合された尿素...