ピューレパールを成分からみた効果

豊富な保湿成分

ピューレバールには潤いキープのための成分が豊富に含有されており、ターンオーバーの安定化や、皮膚の保護機能のアップを望めます。保湿作用の高い自然のビタミンE、皮膚の保水パワーをアップさせ、皮膚の弾力やハリを高めるコラーゲン、保湿パワーと美容成分がたっぷりの大人気のプラセンタ、角質の奥まで潤わせるトリプルヒアルロン酸なども入っています。

 

これらの潤いキープ成分の働きで、肌の諸問題の元凶とも言える乾燥を防止し、健全な皮膚環境をキープしながら、皮膚元来の再生力を高めます。

 

超濃密な美白成分

ピューレバールには、米ぬか抽出液、グリチルリチン酸ジカリウム、ビタミンC誘導体、プラセンタなどの美白成分が濃密度で含有されています。米ぬかには、大昔から美肌作用があると見られており、その抽出液も含有。

 

グリチルリチン酸ジカリウムの効き目は、ビタミンCの27000パーセントとも見られており、原料は甘草で、漢方の分野でも重宝されています。そして、秀でた美白作用を持つビタミンCを安定化させたものを指して、ビタミンC誘導体と呼びます。ビタミンCの作用が、弱まることなく大事な場所で発揮されます。

 

また、プラセンタにはアミノ酸、ミネラル、ビタミンなどが豊富に含有されており、ターンオーバーを促進してメラニンの排除を進める効果があります。これらの成分がメラニンを分解して、美白を進めつつ皮膚元来の底力を引き出します。

 

 

浸透能力を高めるオリジナルのナノ化テクノロジー

以上のような有用成分が、オリジナルのテクノロジーで確実に浸み込むのもピューレバールの魅力です。ナノ化テクノロジーにより有用成分を微粒子にして、角質と角質の間から浸透させ、普通は成分が供給されにくい真皮にまでアプローチします。

 

また、高分子のヒアルロン酸が皮膚の表面に存在する角質も確実に潤わせますので、外側と内部からの二重の働きかけにより、ターンオーバーを安定させたリ、皮膚の保護機能を高めたりしてくれます。皮膚のブツブツや黒ずみの要因は、蓄積した老廃物や負荷ですから、このような要因物質をターンオーバーを促進させる事により、内部から解消していきます。

 

 

危険性のある原料は使っていない

ピューレバールには、UV吸収剤、石油系等の界面活性剤、シリコン、合成着色料、合成香料などの、皮膚に刺激等の悪影響を与える成分は入っておりません。ですから、肌が敏感な人でも気兼ねなく使えます。添加物フリーで、妙な成分は入っていませんから、刺激がほとんどなく、肌が敏感な人にも人気です。また、肌の調子が芳しくない時でも気軽に使えます。